スポンサーサイト

  • 2017.07.27 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    〜まだとりかえしのつくこと〜「砂防ダムの話」その1

    • 2014.06.20 Friday
    • 20:57
    ここ矢井賀に来て13年になるが、
    家の前の川はふだんこんな・・・ 矢井賀川(水なし) 全く水が無い。
    大雨の時だけ川らしくなる。
    矢井賀川(水あり2) 矢井賀川(水あり1)
    なんでだろう、とずっと思っていたのだが、
    その原因が奥の砂防ダムにある、ということが最近わかってきた。
    2012年の暮れに中土佐町の広報の取材で(わたしは編集委員の一人)
    矢井賀の漁師さんにお話を聞く機会があった。広報
    そのお話の中で、昔漁師町として栄えた矢井賀で
    魚が獲れなくなって衰退していった大きな原因の1つが砂防ダムにある、
    とはっきり断言されたことが強く印象に残り、なんとかならないものかと調べてみることにした。
    砂防ダム1 砂防ダム2
    これが矢井賀川にある砂防ダム(メインに2基、さらに上流にも2基くらいあるらしい)

    砂防ダムは本来土石流災害防止の為(矢井賀の場合もこれ)、森林育成等の目的で建設されたのですが、
    今その悪影響のほうが全国的に問題になっているようです。

    1.海への影響
     〆祝疋瀬爐川から海への土砂供給を止めてしまうため、海岸線が侵食されてしまう。
       (砂浜が減り、海ガメの産卵場所がなくなる、高波の被害等)
     ∪遒ら海への養分やミネラルの供給が妨げられ、
       海が痩せて海草・魚・貝などの生育が妨げられて「磯焼け」状態になる。
    2.骨材(建設用の砂利)の不足
     本来は川が山から運んで来た砂利を利用してきたが、川から取れなくなった現在、
     山を崩したり海底を掘ったりして環境を害する問題となっている。
    (矢井賀の両隣では海底を掘って砂利を取っているので砂の減少が更に進んでいる。)
           *渓流保護ネットワーク 砂防ダムを考える より抜粋

    砂防ダムを改良した事例はないかと調べてみて、出てきたのが砂防のスリット化や近自然工法。
    はじめは「磯焼け」と砂防ダムの因果関係を証明するのが難しいと思われましたが、業界では周知の事実のよう。
    それなら、困っている現状を訴えさえすればなんとかできるかも!と動きだすことに。
    まずは町議さんに相談。
    「難しいですね〜。」の一言。

    よ〜し、町長に直訴だ!
    要望書と署名用紙を作り、署名を集めることにする。
    人間はとりかえしのつかない事をいっぱいしてきたが、これはまだとりかえせるはず。
    がんばるぞ〜!!

         つづく



     

    スポンサーサイト

    • 2017.07.27 Thursday
    • 20:57
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM