お知らせ+猫自慢

  • 2015.05.20 Wednesday
  • 21:19
海の放射能
 来週末に講演会があります。
 
 高知の豊かな海も心配になってきた昨今。

 特に海の恵みを生業にしている方たちにとっては、ほんとに聞きたくない話ですが

 現実を知り、対策を考えないと。

   前売り券(800円)持っています!連絡ください。amanogawa314@yahoo.co.jp   

 5月30日(土) 四万十会場/四万十市社会福祉センター 14:00から

 5月31日(日) 高知会場/高知県人権啓発センター6Fホール 14:00から

  講師:湯浅一郎さん(海洋学者、核廃絶に取り組む「ピースデポ」副代表)

  当日券:1000円 Web申し込み
http://kokucheese.com/event/index/284353/

 
  
  





 
 話題変わって 

 久しぶりに猫自慢

 パセリ1 我が家のパセリはハンティングがとっても上手

 そもそも私が障子・ふすまビリビリのリスクを承知で猫を飼うことにしたのは、ねずみ対策。

 ダウンジャケット・薄手の羽毛布団をかじられて決意。

 今はパセリがいっぱいねずみを捕って来てくれるので安心。

 感謝の気持ちでいっぱい!と言いたいところだが問題がある。

 家に持って帰って食べるのは仕方ないが、必ず心臓だけ(たまに口先も)畳の上に残る。

 畳に(もともとぼろい畳ではあるが)血がつく。

 「全部きれいに食べてよ〜」といくら言っても効果がない。

 そこで考えたのがこれ

 バリケード バリケード  出入り口 この出入り口をふさぐ

 ねずみを捕って来た時は独特の鳴き声を出すので「来た!」とばかりに出入り口を封鎖、

 「外で食べて来てね〜!」

       *褒めてもらいたくて家に持って帰るというが、そんなことはない。家の中でゆっくり食べたいのだ。


 パセリは仕方なく庭でお食事。(ばりばりとすごい音が聞こえる)

 うっかり入ってきてしまったら、ねずみをくわえたままのパセリを外に放りだす。

 以前は失敗も多かったが(ねずみを途中で落とされる、ねずみがまだ生きていて逃げ回る、等)

 ほぼ日課になってきてこちらも慣れたもの。
 
 しかし、どこにそんなにいっぱいねずみがいるんだろうか、不思議だなぁ。

 パセリ2 パセリ3

 とこれを書いている間にもまた!

 ご飯ちゃんとあげてるのかって?

 もちろん!  朝は煮干し、昼・夜はキャットフード

 飼い主に似てワイルドなパセリですわ。

 


 


  

スポンサーサイト

  • 2017.07.27 Thursday
  • 21:19
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM