スポンサーサイト

  • 2017.07.27 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    クレーム

    • 2015.11.09 Monday
    • 19:32
                  

        先日、町の広報に記事を書いた。
      「編集委員のひとりごと」というコーナーなので、あんまり制約もなく好きなことを書ける・・・、
       はずだった。
      ちょっと過激かな、とも思ったけど編集委員会では特に何も言われず、印刷へまわるところで課長からクレームが。

         原文はこちら
      

     

      〜医療とは〜

     高齢化率日本一の夕張市が財政破綻して話題になった。
     市立病院が無くなり、救急病院もCTMRIの機械も全くないという中でさぞかし困っていると思いきや。
     死亡率・医療費・救急車の搬送率、全ての数字が下がったという。
    「病院があるから安心、ではなくてしっかり自分でできることはやるんだぞ、という意識。
     終末期のイメージを持って家族と話し合っているかどうか、地域でそういう話をしているかどうか。
     地域のみんなで予防の意識を高める、そして年をとってきたら地域みんなでその命を受け止める。
     そういうあたたかい地域社会を作る。これがポイントだと思います。」
    (logmi/夕張市立病院元院長 森田洋之)

     命の終わりを受け入れて救急車を呼ばない、最後まで自分の家で暮らす、そういう選択も有りだと思う。
     私の父も倒れて救急車で運ばれて、電気ショックで生き返り、その後14年余り生きたが(幸い寝たきりにはならなかった)
     なんだか抜け殻のようで、悲しいものがあった。
     自分の体調は自分にしかわからない。
    (検査で数字に表れるのはごく一部)
     できるかぎり自分で管理して、自分の家で一生を終えられたら、こんなに幸せなことはない。
     天命を全うするってどういうことなのかを考えさせられる話だった。
     ちなみにうちは私が倒れていてもすぐには発見されない場所・・・・、よかった!

      
     クレームがついたのは最後の一行。「孤独死が問題になっているのにこんな・・・。」ということらしい。
     これが味噌だったのに!残念。
     「表現を変えるかなにかしてほしい。」と言われたが、面倒くさいので削除してもらった。

        冗談通じないなぁ。
     


      

    スポンサーサイト

    • 2017.07.27 Thursday
    • 19:32
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM