繕いもの

  • 2016.07.15 Friday
  • 21:09

 5年前に特注で作ったヘンプパンツ。

注文パンツ
2度目の修理を頼まれた。

前回既に「よくぞここまで履いてくれました」と言うくらい使い込んでいたので、

今回は「もう無理かも」と物を見る前からほとんど諦めていた私。
実物は‥(写真撮っとけばよかった)

やっぱり、ビリビリ、であった。
一応サラッと直して、「秋には切ってマフラーにしましょう、柔らかくなってていい感じです。」と言ってはみたものの。
繕い始めたら、結構面白い。

直し1 直し2 直し3おしりの内側


 2010年に東京で観た「BORO」という展覧会を思い出した。

 

 肌に優しい木綿の反物はもちろん、麻の古布からぼろ切れにいたるまで、

 当時の貧しい人々にとって、あらゆる布はたいへんな貴重品だった。

 どんなに小さな布切れでも大切に取っておいて、それが風呂敷包みひとつになるくらい溜まったら、

 それだけ持って女は嫁に行くーそんなことが珍しくなかったという。

 着古した衣は米のとぎ汁に浸して縫い糸を引き抜き、小布1枚、糸1本にいたるまで粗末にすることなく、

 すり切れた衣服や布団に縫い重ねていく。

 あるいは数ミリの細さにまで裂いて、それを麻糸とともに織ってサキオリ(裂織)と呼ばれる、

 独特の風合いを持つ布によみがえらせる。

 最終的に、どうしようもなく使い切った布切れは、縄に編んで、農作業のときに頭に巻きつける。

 端に火をつければ少しずつ燃えて、かっこうの蚊除けになるのだという。

 大地から生まれた麻が布になって、ぼろになって、また灰になって大地に還っていく。

 リサイクルという言葉すら白々しく思えるほどの、布への愛着とともに生きてきた人々がいて・・・

 

     (つぎ、はぎ、いかす。青森のぼろ布文化  小出由紀子・都築響一)より抜粋

 

 BORO1  BORO2これは足袋 BORO3

 

わたしの繕いものなんてこれに比べたらまだまだだった。

 

 それにしても、わたしの織った布を破れるまで使ってもらえるなんて、

 

 織りをやっててよかった!と思える瞬間である。

 

 今年で約30年、

 

 まだまだ続くよ。
 

スポンサーサイト

  • 2017.05.21 Sunday
  • 21:09
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    ありがとう!
    いい感じです。
    履いてて抜群の安心感と気持ち良さは、やめられない(笑)
    • tono
    • 2016/07/17 10:05 AM
    ありがとう!!次からはもっと強度を考えます。
    • 2016/09/16 6:37 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM