脱穀体験

  • 2016.10.02 Sunday
  • 21:18

 来週の9日(日)と10日(月・祭日)に物部の旧大栃高校でイベントがあります。

高知県立歴史民族資料館が保存している農具・民具の一般公開ですが、

今年は(結成間もないですが)我等が「古物好きの会」が共催、

脱穀体験コーナーを担当します。

稲を足踏み脱穀機と唐箕(とうみ)を使って籾にします。

 その他木馬/きんま(物部で木材の切り出しに使われていた)の体験、石臼挽きのきなこ作りなど。

物部の方の貴重なお話も聞けるようです。

ちょっと遠いですが、古いもの好きなひとにはたまらないイベントです。

 

というわけで、その体験準備に忙しいこの頃。

昨日は会メンバーの佐竹君に稲藁をお願いしていたので、いざ南国へ。

いつもは機械で刈ってしまうところを手刈り。20束ほど作る。

稲刈り

縄ない、草履作りもあるので乾いた藁もいる。

最近は藁もあまり使われなくなり、普通は稲刈りのときに田んぼに播いてしまう。

きれいに取って置いてるひとを探すのもなかなかだ。

「一抱え」という単位も初めて聞いた。

何束くらいだろう、10束?20束?

 

 今日は足踏み脱穀機の予行演習。

麦を脱穀してみる。

 足で踏んで回転させながら、穂を突起部分に当てると

                   実が飛んで下に落ちる

 

いやぁ、よくできてるなぁ。

唐箕も状態のいいのが見つかって取りに行った。唐箕 かっこいい!

 

例年、物部のプロの方が来て実演・講習してくれるそうなのだが、

今年は無理、というので急遽担当に。

やったこともないのに、実演なんかできるのかって?

大丈夫、なんとかやってたらベテランが通りかかって

「そこはね〜、」と教えてもらう・・・予定です。

 

そういえば今年稲刈りの季節になって気がついたこと、

天日干し 

 これが当たり前の日本の稲刈り後の風景、と思っていたのに

最近はほとんど機械で乾燥させるという。

高知市内まで車で走っていて稲木に干していたのはここだけ。

手間がかかる、天候に左右される(台風で水に漬かったら芽が出てしまう)、等いろいろ事情はあるのだろうけど

 なんかさびしい

 



ちらし1ちらし2

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2017.05.21 Sunday
  • 21:18
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM