スポンサーサイト

  • 2017.07.27 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    集会の意味

    • 2015.11.02 Monday
    • 15:16
    STOP伊方原発再稼働!11.1全国集会in松山に行って来た。「何やっても変わらないじゃない!」という諦めムードが漂う昨今、集会やデモの意味を自問しながらの参加。ちまたで話題になっているおしどりマコ・ケンのトークライブや広瀬隆のスピーチ、菅直人も登場して聞き応えのあるプログラムが続く。

    中でも福島からの避難者、菅野さんのお話が心に残る。
    「私たちは3.11で全てを失ってしまったけれど、皆さんは3.11以降もそのままの暮らしを続けていらっしゃる。それを何としても守って欲しい。ここはまだ間に合います。」
    それから、どなたかの「黙っとったら認めたのと一緒や」という言葉。そうなんだ、諦めないで言い続けないと。
    おしどりマコさんは3.11直後、芸能人や有名人が軒並み東京から避難(移住)して行くのを目の当たりにし、疑問を持つようになったという。東電の全ての記者会見、省庁、地方自治体の会見、議会等に足を運んで取材し、様々な媒体でそれを発信している。
    集会に集まったのは4千人余り。東京のそれに比べたらわずかな人数ではあるけれど、諦めずに活動している人が一同に会するって凄いパワーになる。

    チェルノブイリでもまだ廃炉どころではない、福島は全く収束なんかしていない、なのに他の原発再稼働なんてとんでもないことです

    お知らせ+むしろ機その後part2

    • 2015.10.07 Wednesday
    • 22:03
      前回触れたイベントのパンフレットができてきました。

     10月24日(土)と25日(日)の2日間ですが、織りのワークは25日のみです。
       (土曜はオーガニックマーケットに出店します。)
     展示を見るだけでもわくわくですが、体験も盛りだくさん。
     木挽きの技再現、縄ない、脱穀体験(個人的にはこれやりたい!)、ゴザ編み再現・・・・、などなど
     ワークショップ(要予約)は  A 竹かご作り/講師 たけやん 
                   B 柿渋染め/講師 にしみねさん 
                   C 腰機・板織り/講師 わたし、みやざきあさこ
                   D 伝統スイーツ講習/講師 物部婦人会のなかがわさん(予約なしでOK、
    これも興味深い

    モノモノパンフ表モノモノパンフ裏
    ワークショップ予約はこちらhttp://3step.me/monomono

    *会員の件はわたし個人で立ち上げるもので、今回のイベントとは関係ありません、念のため。
     募集要項は作っていく予定です。


     さてさて、わたしの懸案のむしろ機。
    組み立て途中で夏の間放置していたのだが
    ようやく再開、なんとか組み立て完成。
    むしろ機3すごいマシーン!
    これを譲ってくれたひとが組み立てた写真を付けてくれたのだが、写真ではわかり辛くて苦労した。
    榊原式榊原式?特許を取った新式(当時)
    むしろ機1 けっこう複雑なからくりの様
    むしろ機2
    右側もすごい。右の踏み木を踏むとこれが動くのだが、藁がシュッと入るのかな?まだ解明されてません。

    ネットで検索してみたが、一番原始的な(枠だけのやつ)のしか出て来ない。
    それとわたしの過去のブログ。
          読んでない方は参考までに 「むしろ機」 http://amanogawa314.jugem.jp/?eid=147
                       「むしろ機その後」 http://amanogawa314.jugem.jp/?eid=152

     とにかく糸をかけてやってみるしかない。
         
      まだまだつづく・・・・

     

    物好きその2

    • 2015.09.10 Thursday
    • 20:42
    先日(と言ってもだいぶ前)物部の旧大栃高校に行ってきた。同じ高知県でも西の端の方なので中央部にある我が家から3時間ほどかかった。
    打ち合わせで行ったのだが、目的はコレ。

    夥しい(おびただしい)数の民具、農具??
    県の歴史民俗資料館で置ききれないものの倉庫代わりになっている。

    うわー、センバコキもこんなにいっぱい!うちのわずかなオーツ麦の脱穀に欲しい!

    唐箕(トウミ)/穀物に混ざった籾殻や屑などを風で飛ばして選別するマシン、ちなみに私はざるを振りながらふーふーして飛ばしている。
    持って帰って使いたいものだらけで暫し興奮。
    この体育館だけではない。
    別の部屋には機織り・縄編み道具、繭から糸をとる道具やらがどっさり??
    そもそも、ここの年に一度の一般公開に伴って行われるイベント用に機織り機を復元して欲しい、という話だったのだが

    「とても10月には間に合わないし‥」
    正直あんまりやりたくないかも

    でもこれを見て、

    「ただ私が組み立てるんじゃなくて、その工程自体をワークショップにしてはどうか」

    と前向きになった

    (今回のイベントでは最近やってる腰機と板織りキットのワークショップをやります)


    織り機に限らず、道具は使ってこそ意味がある。しかも使える人がどんどんいなくなっているのも事実。
    使い方って文献を読んでもよくわからないもの。実際に使える人がいるうちに動画に撮って記録を残すことも大事だと思う。更には使って受け継いでいく事も必要。
    まぁ平たく言えば、飾っておくのは勿体無いから使おうよ、です。

    「民具、農具使おうプロジェクト」(仮題)を立ち上げたい??

    ☆ただし、一旦資料館に収納されたものはもらったりできないので、収納前の段階でなんとかしないといけないようです。普通は寄付したいという連絡があるらしい。

    物好きの夢は広がるばかり。うふ。

    会員募集します

    物好き

    • 2015.09.02 Wednesday
    • 19:33
    ヒョウタンの収穫がほぼ終わり、加工が始まった。大量の虫駆除と病気、猪に根元を掘られる等、今年は栽培にもかなり苦労したのだが、ヒョウタンは収穫したあとが本番。
    1、穴を開けて水に漬ける
    (穴は大きい方が中を出しやすいが、作る物によっては小さめの穴のほうがいい場合があるので適当な大きさに)
    浮いて来ないように重しをする。
    漬けておく日数は気温によるのでこまめにチェック

    2、 漬ける前はこんな色
    数日経って外の皮が剥けてきて、茶色っぽくなってきたら上げ時
    漬け過ぎたら腐ってしまう。

    3、外の皮をきれいに剥がす
    私は竹串の腹でこすっている。この時皮が残ると乾いた時に汚い。


    4、振って中のドロドロを出す
    種が引っかかるので時々竹串で突きながら、きれいに中身を出す。種がカラカラ音を立てるようになったら完了。
    大きなヒョウタンはこの振りが結構辛い。(1度振っている途中で落として溝にはまり、割ってしまった事がある)

    5、水でゆすいで完了



    私は慣れてしまったが、この強烈な匂いも辛いかもしれない。
    外の流しで作業するべし。

    この眺めにうっとりするような、
    よっぽどの物好きでないとこれは無理かも、と作業しながら思ってしまった。

    更なる試練‥
    この長雨で干してる途中のヒョウタンにカビが生えてくる。
    お日様早く出ておくれ??

    調査員デビュー

    • 2015.08.29 Saturday
    • 20:05


    今年は5年に一度の国勢調査。
    報酬に釣られて私も調査員を申し出た。町の説明会に行き、一通りの説明を受け、DVDを観て(ご親切?に同じのを2回も)配り物や必要書類等、文房具やらなんやらごっそり頂いて帰宅。
    今年からネット回答もできるようになるので、その案内配布の為ひと手間多い。

    1.受け持ち調査区内を巡回し、調査区要図作成→これ結構大変そう、空き家とかもこの時に調査
    2.インターネット回答のガイドを配布
    3.インターネット回答促進リーフレット配布
    4.インターネット回答のなかった世帯に調査表一式を配布
    5.確認と回収、確認状配布
    6.未提出世帯に督促状配布、
    それでもダメなら近所から聞き取り調査

    うーむ、思ってたより足を運ぶ回数が多いわー。
    一抹の不安と後悔‥。

    何より驚いたのは国勢調査にかかる費用の大きさ。
    全国で80万人の調査員が動くというのだが、人件費だけでもうん十億(報酬は世帯数によって3万から5万と募集要項には書いてあったのでまあ3万としても‥計算できないので各自でお願いします)
    それに加えて膨大な量の印刷物や文房具、腕章、バッグなどなど

    印刷屋さんと文房具屋さんは稼ぎ時だと思うけど、どう考えても税金の無駄遣いではないだろうか。

    疑問を抱きつつも、やるしか無い。
    過疎地なので私の担当は39軒、矢井賀ではないけれど行ったことのない奥地ではないのが救いかもしれない。

    手引き書だけでもかなりの量なのでエンジンかかるのに時間がかかりそう。

    頑張ります。

    夏の畑

    • 2015.08.26 Wednesday
    • 19:39
    春から畑を増やし、田んぼも始めて毎日何かしらの農作業をこなす日々。
    池公園のオーガニックマーケットでも農産物と農産物加工品を出せるようになったのだが、さて、何をどのくらい植えたら売れる程できるのか‥。
    野菜そのまま売るのではプロの方達に太刀打ちできないので、珍しくて保存できてしかも美味しいものをと試行錯誤。

    左がエゴマで右がキクイモ、いっぱい出来たぞ〜??


    こちらは大豆畑、こんなに広いところは初めてなので草刈りに苦戦中、大豆は今のところ順調。自家用味噌と豆乳用で残ったら売る予定。

    これは遊びで茶綿、結構強い。

    種が少なくてちょっとしか植えられなかったものは種採り用にして来年の為に。
    オーガニックの種も毎回買っていては種代が馬鹿にならない。


    ちなみにこれはホウキもろこし、穂先を束ねてホウキを作れるらしい。
    昔ギャラリーでホウキ作家さんの個展を見て以来、作ってみたいもののひとつである。

    こちらは先日ホームセンターで見つけたホウキ草、実はとんぶり、「畑のキャビア」と呼ばれていて美味しいらしい。食べれて、ホウキも作れるなんて一挙両得??というわけで来年量産予定。


    病気が入って調子悪いけどイチジクもあるよ


    ヒョウタンの収穫が始まった。穴を空けて水につける。ここからがまたひと手間。

    あれこれ作ろうと夢は広がる、畑楽しいなぁ〜。
    あせもにも負けず草を刈る日々である。








    そもそも・・・

    • 2015.06.22 Monday
    • 16:00
     矢井賀
     21日(日)高知市のソーレで「憲法そもそも研究会」という勉強会があった。
    憲法9条等、今大きな問題になっているがそもそも憲法ってなんぞや、という素朴な疑問を解決すべく参加。
    高知大の岡田健一郎さんを講師に迎えて、まずはごく基本的な憲法の説明を受ける。


    1、法律との違い
    〇ピラミッド型の頂点にあるのが憲法(最高法規)でこの国の形をつくるもの。
     2段目が条約(国と国が結ぶ約束)、
     3段目が法律(国全体)と条例(地方議会が作る法)、
     4段目が命令(行政機関が作る法)→生活に関わることで政令(内閣が作る)省令(各省庁が作る)規則の3つに分かれる
        98条に基き、明確な上下関係にある 

       このピラミッドがイメージできただけでもずっとわかりやすくなった!

    〇憲法は全103条、内容が抽象的でおおまかなのは簡単に改正できないので、
     時代に合わせて変えやすい法律で具体的な内容に対応するため

    2、憲法の目的
    〇13条がポイント 「すべての国民は個人として尊重される」
    〇立憲主義  政府の統治を憲法に基づき行う原理で、
          政府の権威や合法性が憲法の制限下に置かれていることに依拠するという考え方(ウィキペディアWikipedia))

     その他憲法が想定する人間像、既得権について

       そのあとは質疑応答
       特に参考になったのは、
      
     〇既得権/(12条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、
            国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。)→使い続けないと無くなってしまうおそれがある 
        例:ストライキ等日本ではほとんど行われなくなっている
       〇裁判所について
        ●国民からの信頼度がアメリカとは違う(ほとんど知られていない)
        ●責任を負いたくない、という傾向がある
         (裁判官は3年で移動、都会に行きたい・出世したい→目立ちたくない)
        ●世論に左右される
        ●自衛隊が違憲かどうかを裁判所で判断したことがない
        ●「合憲」であるという判断が下されると、逆にお墨付きをもらうことになるのでは
        ●違憲かどうか法案が出る前にチェックする機関がある(アメリカでは議員等が立案可能)
        ●憲法は占領下の押し付けでは
         昭和天皇の戦争責任を回避するため、軍事力を無くし天皇制を残した

        以前から、選挙の時についでみたいに実施される裁判官の投票に疑問を持っていた。
        全く知らないひとを経歴だけで〇付けるあれ。もうちょっとなんとかならないものか。
        「出世のためなら・・・」ここでもか。
        
        時間が限られていて物足りなかったが、今後もこういった勉強会は続けてほしいと思う。

        いい取っ掛かりになりました。 スタッフの方々、お疲れさまでした!


     日本国憲法 http://www.aozora.gr.jp/cards/001528/files/474.html

     明日の自由を守る若手弁護士の会http://www.asuno-jiyuu.com/

     SEALDs(Students Emergency Action for Liberal Democracy-s 
           自由で民主的な日本を守るための、学生による緊急アクション)http://www.sealds.com/

      

     

    田んぼデビュー

    • 2015.06.18 Thursday
    • 15:02
     ここ矢井賀は漁村なので、もともと農家自体が少なかったようだが
     高齢化が進み、田畑はますます荒れる一方。
     お米を作る家が今年は1軒だけに・・・というタイミングで
     私も田んぼを借りることになった。
     田んぼといってもわたしがここに来た頃、既に草むらだったので
     14年以上使われていなかったことになる。
     Beroreの写真を撮るのを忘れてしまって残念だが
    矢井賀 この写真の右のほうの草むらである
     カヤやつたが生え放題、あぜもなにも、隣の田んぼとの境目もわからない。
     とにかく草刈りが大変だった。(ていうか私は草刈りしかしていません、はい)
     まあ、来年までに少しずつ整備して・・・と思っていたのに
     田植え前 水を張るところまでいった!

     苗もたててないので余った苗をいただき(ありがとうございます!)
     ちょうど帰ってきていた娘も手伝ってくれて
    田植え 3人がかり2時間弱で終了!
     少食なので(計算上は)2人分とれる予定。
     機械がいるし、水の管理等たいへんな米作り、
     手植え、手刈りでしんどくない程度に続けられるといいな。

     周りの田んぼ 
     でもこの景色!一番最初の写真とは大違い。

     休耕田(耕作放棄地か)に花を植えるとか、荒れた土地をどうにかしようといろいろやっているけれど
     ちゃんと田んぼにしたら、手入れが行き届き(草を刈って水路をきれいにし)、虫やかえるたちも生き生きする。
     田んぼは田んぼのままが美しい

     
     
     

    展覧会のお知らせ

    • 2015.06.02 Tuesday
    • 18:40
    風雅1

      今週の金曜日から松本でガラス工房「玄々舎」さんと展覧会です。

     「玄々舎」さん御夫婦は 私が四国に移住して初めて出品した(天の川工房デビュー)、

     松山三越のクラフトフェア(93年くらいでしょうか)で知り合いになって以来のお付き合い。

     ジャンルは違っても、ものづくりをする者同士としていろいろ共有でいるいい友達。

     長野に引っ越してしまい、なかなか会えなくなりましたが、

     今回はうれしいジョイントです。

     といっても私は長野には行けませんが・・・。

     お近くの方はぜひ覗いてみてください。

         6月5日(金)〜14日(日) 10:00~17:00

          ガーデン&ギャラリー 風雅
            〒390-0848 長野県松本市両島1−3
                Tel.0263-25-8544


     

     
     

     

    お知らせ+猫自慢

    • 2015.05.20 Wednesday
    • 21:19
    海の放射能
     来週末に講演会があります。
     
     高知の豊かな海も心配になってきた昨今。

     特に海の恵みを生業にしている方たちにとっては、ほんとに聞きたくない話ですが

     現実を知り、対策を考えないと。

       前売り券(800円)持っています!連絡ください。amanogawa314@yahoo.co.jp   

     5月30日(土) 四万十会場/四万十市社会福祉センター 14:00から

     5月31日(日) 高知会場/高知県人権啓発センター6Fホール 14:00から

      講師:湯浅一郎さん(海洋学者、核廃絶に取り組む「ピースデポ」副代表)

      当日券:1000円 Web申し込み
    http://kokucheese.com/event/index/284353/

     
      
      





     
    続きを読む >>

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM